人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

概念化能力開発研究所

【あの「アセスメントセンター」を生で見せます!】 人材アセスメント新卒採用」デモンストレーションセミナー

開催日 2018-07-12
開催時間 12:30~16:30
会場 ホテルローズガーデン新宿(東京メトロ西新宿駅前) 別館2階ローズルーム
対象者 経営者 人事責任者及び採用担当者 その他アセスメントセンターや行動分析に関心のある方ならどなたでも
定員 20名
参加費 3万円(税別)
内容 概念化能力開発研究所は、クライアント企業様の採用支援を行う会社です。 

「採用支援」というと「人を集める支援」が一般的ですが、当社のビジネスモデルは「人を見極める支援」です。顧客企業の社員(社内アセッサー)に「行動観察+能力傾向分析」の実践教育を実施することで、採用に関するリスクマネジメントを支援しています。


私たちは創業以来「アセスメントセンター(人材アセスメント)」という心理学に基づく行動分析手法を研究し、採用現場においてより実効性が高まるように改良を加えてきました。そのようにして生まれた「採用アセスメント」は採用に悩む多くの企業に受け入れられ、2009年以降は毎年2000名を超える大学生をアセスメントしています。


米国発の「アセスメントセンター」は今やグローバルスタンダードでありますが、わが国ではごく限られた企業で利用されているにすぎず、その知名度は極めて低いのが現状です。日本特有の「個に向き合わない人事管理」との親和性が低かったこともありますが、心の状態や価値観にまで踏み込んでその人の本質的人格にアプローチするというこの手法の性格が実施企業に「守秘義務厳守」を求める為、どうしても秘匿性が高くなることも、このノウハウの普及を阻む一因でしょう。

実物を見たことの無いお客様にその本質をわかっていただこうとしても多くの場合うまくいきません。私たちがお客様に対して「アセスメントは過去の行動を加速度的に恐縮して見せてくれるしくみを持つのですよ!」などと口角泡飛ばして説明しても、なかなかイメージは伝わりません。「実物を見ていただこう」と思っても、実施企業が第三者に現場を見せることは禁じられています。 


「ならばセミナーで本物を見せよう」という発想からこの「デモンストレーションセミナー」が生まれました。最低でも年に1度の頻度で随時開催しており、今ではすっかり当社の名物セミナーとなっています。現役大学生を集め(アルバイトで募ります)、彼ら彼女たちをいつもと同じようにプロのアセッサー(観察者)がアセスメントする様子を(ガチンコのフィードバックまで!)そのまま再現いたします。  

当日は、アセスメントセンターのデモンストレーションによってベールに包まれた究極の能力分析手法を公開するだけでなく、行動分析の理論(「人を観る技術」のテキストを差し上げます)や、実施企業の規模、業態、状況に応じたアセスメントの現実的な運用方法も伝えます。


採用ミスの連続に悩む経営者の皆さん・・・ 

自社の採用を変えたい「悩める人事責任者や採用担当者」の皆さん・・・
     

▶「心の状態や価値観」と「行動」との因果関係を理解することで、間違いなく「人の悩み」は軽減されます。 

▶ 人の行動をぼおっと見ていてもその人を理解することはできません。正しく「視点を絞る」ことでその人の本質が見えてきます。

▶ アセスメントを学ぶと、面接官の「直観」「価値観」に頼る採用と決別でき、社内に「共通概念」「共通言語」が生まれます。



おひとりでも多くの「人に悩む方」のご参加を心よりお待ちしております。
備考
※当ページの情報は、セミナー・イベント主催各社の責任で提供されるものです。