改正労働契約法 5年で無期雇用へ転換~契約更新等の実務上の留意点-人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

2012-10-10

改正労働契約法 5年で無期雇用へ転換~契約更新等の実務上の留意点

改正労働契約法 5年で無期雇用へ転換~契約更新等の実務上の留意点

2012年8月10日に改正労働契約法(以下「改正法」)が公布されました。有期労働契約の無期労働契約への転換等新たな規制が設けられましたので、有期労働契約を活用していた使用者は、改正点を十分理解し、有期労働契約を適切に管理していく必要があります。

記事全文

記事全文をご覧いただくには「無料会員専用のパスワード」が必要です。

日本人材ニュース 無料会員登録はこちら