退職勧奨が違法にならないボーダーラインとは-人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

2014-01-10

退職勧奨が違法にならないボーダーラインとは

退職勧奨が違法にならないボーダーラインとは

企業においては、解雇という措置に踏み切る前に、労働者に対して退職勧奨を行うことが珍しくありません。退職勧奨によって労働者が自発的に退職した場合は、解雇というある意味ドラスチックな措置を取ることなく、穏当な形で解決に至ることができますので非常に有効な手段ですが、他方で、労働者との間で紛争になることも少なくありません。どのような場合に法的に問題になるかについて留意しておくことが適切です。

記事全文

記事全文をご覧いただくには「無料会員専用のパスワード」が必要です。

日本人材ニュース 無料会員登録はこちら