受動喫煙による損害賠償と分煙措置の実施~試用期間中に休職した社員の本採用を拒否した事例-人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

2013-06-20

受動喫煙による損害賠償と分煙措置の実施~試用期間中に休職した社員の本採用を拒否した事例

受動喫煙による損害賠償と分煙措置の実施~試用期間中に休職した社員の本採用を拒否した事例

今回は、分煙措置の実施請求など今日的論点を含む裁判例を紹介します。ライトスタッフ事件(東京地裁平成24年8月23日判決)は、①本採用拒否の有効性、②未払賃金等の有無、③受動喫煙に関する安全配慮義務に基づき会社内を禁煙又は分煙にすることの請求の可否、④同安全配慮義務違反及び違法不当な即時解雇(不法行為)を理由とする損害賠償請求の可否が争われた事案ですが、ここでは受動喫煙及び分煙措置に関する部分を中心に説明します。

記事全文

記事全文をご覧いただくには「無料会員専用のパスワード」が必要です。

日本人材ニュース 無料会員登録はこちら