企画業務型裁量労働制の導入要件と意義-人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

2018-04-30

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」は、労働基準法(以下「労基法」といいます)、労働安全衛生法、労働契約法など8つの法案の改正からなる一括法案であり、労基法については、時間外労働の上限規制や、特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)の創設等が掲げられています。
本稿では、そもそも労働基準法上の企画業務型裁量労働制とはどのような制度なのかについて確認していきます。

記事全文

記事全文をご覧いただくには「無料会員専用のパスワード」が必要です。

日本人材ニュース 無料会員登録はこちら