スタジアム、オンライン面接の導入企業へ利用意向調査を実施。導入済の企業の89%は、次年度もWeb面接を併用する方針。選考のオンライン化はニューノーマルとして定着する見込み-人事部長向け専門誌|日本人材ニュース


広告

twitter 楽天SocialNewsに投稿!
2020-07-27

スタジアム

スタジアム、オンライン面接の導入企業へ利用意向調査を実施。導入済の企業の89%は、次年度もWeb面接を併用する方針。選考のオンライン化はニューノーマルとして定着する見込み

Web面接・録画面接システム導入社数2,700社突破の「インタビューメーカー」を提供する株式会社スタジアム(東京都港区、代表取締役 兼 CEO:太田 靖宏)は、Web面接・Web説明会の利用意向・実態を調査する目的で、利用企業向けにアンケートを実施いたしました。

 調査結果から、今年度からWeb面接を導入した企業が72%、次年度以降もWeb面接を併用する意向を持っている企業が89%あることが判明。インタビューメーカー導入の決め手としては、「信頼できる取引先の紹介」「専用アプリ不要」「無料プラン活用」といった回答が上位を占めました。対面/Web面接の比較においては、応募者対応にかかる労力・事前準備・費用負担等の面において、対面よりWeb面接の方が優位に感じられるといった傾向が見られました。

■約72%の企業が今年度初めてWeb面接を導入。Web面接を2年以上実施している企業は全体の6%程度。
(設問:Web面接を導入してどのくらい経過しますか? )

■89%の企業が次年度も対面/Web面接を併用する意向。10%は原則としてWeb面接の実施を検討。
(設問:次年度の面接開催意向について教えてください )

■「リクナビなど、信頼できる取引先からの紹介」「専用のアプリインストール不要」「無料プランがあり事前に試せた」といった回答が上位に。
(設問:Web面接の導入選定にあたって、他Web会議システムではなく、
    インタビューメーカーを導入された理由は何ですか?[複数選択可] )

■応募者対応にかかる労力、事前準備、費用負担において、Web面接の方が対面より優位に感じられると回答。
(設問:Web面接と、来社型の対面面接で比較した場合に、
    どちらが優位と感じられるか教えてください )

【調査概要】
  調査タイトル :Web面接・Web説明会に関する導入前後の比較調査
  調査対象   :当社取引先企業1,269社
  調査期間   :2020/6/29(月)9:00~2020/7/3(金)17:00
  調査方法   :メールによる調査
  調査地域   :全国
  提出数    :有効回答110
  実施機関   :株式会社スタジアム
  引用について :本調査結果を利用の際は(スタジアム調べ)と表記ください。
          また、報道以外の商用目的での紹介、引用は認めません。
  ※本リリースに掲載の内容は、調査結果の抜粋版となります。Web説明会を含む
   詳細な調査結果をご要望の方は、下記お問い合わせ先までご連絡をお願いします。

◆スタジアム会社概要
スタジアムは、「面接×テクノロジー」のオンライン面接システム「インタビューメーカー」によって、面接とテクノロジーの融合を進め、従来では得られなかった価値や気づきを面接参加者に提供し、その利便性も大幅に高めていきます。対面面接をオンラインへ切り替えることにとどまらず、面接官向けのクラウド研修サービス「imトレーナー」や、面接特化型AI文字起こしサービス「imアシスタント」なども提供し、選考プロセス全体にテクノロジーの適用範囲を広げることで、さらなる大きな変革を目指します。「インタビューメーカー」は、国内導入社数2,700社を突破し、2020年度2月に日本マーケティングリサーチ機構による調査で、Web面接ツールで顧客満足度No.1を5部門で獲得しています。

代表者:代表取締役 兼 CEO 太田 靖宏
本社所在地:東京都港区赤坂3-4-3 赤坂マカベビル6F
設立:2012年8月
https://stadium.co.jp/ (コーポレートサイト)
https://interview-maker.jp/ (サービスサイト)

■お問い合わせ
インタビューメーカーに関するお問い合わせはこちら
https://interview-maker.jp/contact/
Tel:050-1746-7539

※当ページの情報は、プレスリリース配信各社の責任で提供されるものです。

最近のリリース