人材紹介会社 ロバート・ウォルターズ、 グローバル人材の意識調査レポート「職務動向調査 2018」を発行-人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

twitter 楽天SocialNewsに投稿!
2018-08-07

ロバート・ウォルターズ・ジャパン

人材紹介会社 ロバート・ウォルターズ、 グローバル人材の意識調査レポート「職務動向調査 2018」を発行

英語を使う求人を紹介する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は8月7日、グローバル人材を対象に実施したアンケート結果をまとめた「職務動向調査2018」を発行しました。

このホワイトペーパーでは、日本語・英語の2言語と専門分野でのスキル・経験を用いて外資系・日系グローバル企業で働くバイリンガル人材1,958人の回答から「働き方」が話題になった後の残業・収入の実態と転職の価値観などを解説。管理職への負担のしわ寄せを心配する声が聞かれるなか、管理職自身が考える負担と会社に求める改善策も紹介します。

「職務動向調査2018」概要
発行:ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(2018年8月7日)
調査期間:2018年5月11日~2018年5月27日
調査対象:当社登録者 
調査回答者数:n=1958人
公開URL:https://www.robertwalters.co.jp/employment-insight-survey.html

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社について (https://www.robertwalters.co.jp/)
ロバート・ウォルターズは1985年に英国・ロンドンで設立され、世界28カ国の主要都市に拠点を持つ、スペシャリストのためのグローバル人材紹介会社です。ロバート・ウォルターズ・ジャパンは同社の日本オフィスで、バイリンガル人材に特化しています。2000年に東京オフィスを、2007年には大阪オフィスを開設。グローバル企業、日系企業ともに世界有数のトップ企業から新規参入企業、中小企業に至るまで、多岐に渡る業種・職種、正社員および派遣・契約社員と幅広い採用ニーズに応えた人材紹介をおこなっています。ラグビー日本代表のオフィシャルスポンサー、各種NPOの支援など、日本社会への貢献にも積極的に取り組んでいます。

※当ページの情報は、プレスリリース配信各社の責任で提供されるものです。