年収800万円以上の外資系・日系企業社員における「副業」実態調査 (エンワールド・ジャパン ユーザーアンケート)-人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

twitter 楽天SocialNewsに投稿!
2019-11-07

エンワールド・ジャパン

年収800万円以上の外資系・日系企業社員における「副業」実態調査 (エンワールド・ジャパン ユーザーアンケート)

日本最大級のグローバル人材紹介会社・人材派遣会社であるエンワールド・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ヴィジェイ・
ディオール)は、エンワールド・ジャパンのサービス登録者で、現在正社員で働いている年収800万円以上の方を対象に「副業」についてアンケート
を行い、1,028名から回答を得ました。

ニュースリリース全文:https://www.enworld.com/blog/2019/11/Fukugyo-chousa

<調査結果 概要>

■ 現在、副業を行っているのは、外資系・日系企業社員ともに約2割。
  副業を行っている理由、第1位は「収入」。

■ 副業を許可しているのは、外資系企業で約5割 、日系企業で4割弱。

■ 副業実施率、外資系企業社員は本業の年収1500万円以上の方が高い。

■ 副業の内容、外資系企業社員は「不動産投資」(25%)、
日系企業社員は「コンサルティング・セミナー登壇・研修」(34%)。

■ 副業での年収「100万円以上~499万円以下」が最多。

■ 副業が本業に「ポジティブに影響」している割合、
外資系企業社員は48%、日系企業社員は63% 。

■ 副業をしていない方の約8割が「副業をしたい」と回答。理由は「収入」が最多。

■ 副業をしない理由、外資系企業社員は「本業が忙しい」(29%)、
  日系企業社員は「会社が禁止している」(43%)が最多。 ■ 副業をしたくない理由、第1位は「余暇は副業以外のことに利用したい」。
  外資系企業社員のほうが「本業で十分な収入を得ているため」と回答した割合が高い。

<調査結果 詳細>

1. 現在、副業を行っているのは、外資系・日系企業社員ともに約2割。副業を行っている理由、第1位は「収入」。

「現在、副業をしていますか。」と伺ったところ、外資系・日系企業社員ともに約2割が「副業をしている」と回答しました。

2. 副業を許可しているのは、外資系企業で約5割 、日系企業で4割弱。

勤務先で副業が許可されているか伺ったところ、「副業が許可されている」と回答したのは、外資系企業社員で49%、日系企業社員で37%となり、
外資系企業社員の回答が12ポイント高くなりました。

3. 副業実施率、外資系企業社員は本業の年収1500万円以上の方が高い。

副業の実施率を本業の年収別に見ると、外資系企業社員は年収1500万円以上の方が、年収1500万円未満の方に比べ、副業をしている割合が高いこと
分かります。

4. 副業の内容、外資系企業社員は「不動産投資」(25%)、日系企業社員は「コンサルティング・セミナー登壇・研修」(34%)。

副業をしている方に、副業の内容を伺いました。外資系企業社員のトップ3は「不動産投資」(25%)、「コンサルティング・セミナー登壇・研修」
(24%)、「株式投資・FX・仮想通貨への投資」(22%)でした。

5. 副業での年収「100万円以上~499万円以下」が最多。

副業のみでの年収を伺ったところ、もっとも多かったのは「100万円以上~499万円以下」(外資系企業社員:35%、日系企業社員:36%)、
次いで「10万円以上~49万円以下」(同:19%、30%)となりました。

6. 副業が本業に「ポジティブに影響」している割合、外資系企業社員は48%、日系企業社員は63% 。

副業をしている方に、副業が本業に与えている影響を伺ったところ、「ポジティブな影響」と回答したのは、外資系企業社員は48%、日系企業社員
は63%という結果に。

7. 副業をしていない方の約8割が「副業をしたい」と回答。理由は「収入」が最多。

現在副業をしていない方に「副業をしたいと思いますか」と伺ったところ、約8割が「副業をしたいと思う」と回答しました。

8. 副業をしない理由、外資系企業社員は「本業が忙しい」(29%)、日系企業社員は「会社が禁止している」(43%)が最多。

現在、副業をしていない方で「副業をしたいと思う」と回答した方に、副業をしていない理由を伺いました。
外資系企業社員では「本業が忙しい・時間が作れない」(29%)、日系企業社員では「会社が禁止している」(43%)が最多となりました。

9. 副業をしたくない理由、第1位は「余暇は副業以外のことに利用したい」。
外資系企業社員のほうが「本業で十分な収入を得ているため」と回答した割合が高い。

現在、副業をしていない方で「副業をしたいとは思わない」と回答した方にその理由を伺ったところ、第1位は「余暇は副業以外のことに利用したい
(家族との時間・趣味の充実など)」(外資系企業社員:63%、日系企業社員:69%)でした。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
調査対象:エンワールド・ジャパン サービス登録者 1,028名
勤務先企業区分比率:外資系企業 58%、日系企業 42%
年齢構成:20代 1%、30代 21%、40代 49%、50代 29%、60代以上 1%
調査実施期間:2019年10月1日~10月7日

~エンワールド・ジャパンについて~
アジア太平洋地域6カ国に拠点のある、グローバルな人材紹介・人材派遣会社です。外資系企業・日系グローバル企業の、
ミドル~ハイクラスのポジションの採用支援を得意としています。正社員の人材紹介を始め、エグゼクティブ層のマッチング業、
バイリンガルのスペシャリスト派遣、採用代行(RPO)を通し、あらゆる方面から企業の人材採用に関する支援を行っています。

※当ページの情報は、プレスリリース配信各社の責任で提供されるものです。

最近のリリース

広告

会員登録

人事向け限定情報を配信中