欧州トップMBAスクールであるIESE(イエセ)のイベントにて、 アクシアム代表・渡邊がキーノートスピーチ-人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

twitter 楽天SocialNewsに投稿!
2016-11-28

アクシアム

欧州トップMBAスクールであるIESE(イエセ)のイベントにて、 アクシアム代表・渡邊がキーノートスピーチ

次世代ビジネスリーダーのキャリア構築を支援する人材紹介会社の株式会社アクシアム(東京都港区、代表取締役:渡邊 光章)は、2016年11月21日(月)に東京・六本木ヒルズにて開催された【IESE Alumni Event in Tokyo】にて、『Overview of post-MBA Job market』というタイトルでキーノートスピーチをさせて頂きました。また、続いて行われたパネルディスカッションにも登壇し、MBAのキャリア構築についてパネラーの方々と議論を深めさせて頂きました。

----------------------------------------
『Overview of post-MBA Job market』
日本におけるMBA人材を対象とした求人が過去最多である現在。求人そのものも多種多様に変化してきました。本スピーチでは、それらの変化について解説致しました。

また、採用企業が海外のビジネススクールで学んだMBA人材に期待する5つのポイントをご紹介。なかでも特に重要な“Career aspiration”について、詳しくお話をさせて頂きました。

【MBA Value and Competence】
#1 Skill, Knowledge, and Business frame
#2 Experimental Skills
- Communication - Presentation
- Negotiation  - Logical thinking ability
#3 Leadership
#4 Career Aspiration
#5 Network


----------------------------------------
【IESE Business School】について
IESEは、1958年にナバラ大学(Universidad de Navarra)の大学院として設立され、1964年に米ハーバード・ビジネス・スクールとの提携によって欧州初の2年制MBAプログラムを開始したビジネススクール。ハーバードで開発された授業スタイルであるケースメソッドを受け継ぎ発展させたIESE方式と呼ばれる独自の教育方法を持つことで知られており、ケースの開発本数はハーバード・ビジネス・スクールについで世界第2位となっています。

IESEは創立以来、知識・スキルだけでなく優れた人格を兼ね備えた真のビジネスリーダーの育成をミッションとしており、学問的な素養だけでなく人格形成・リーダーシップ教育に力を入れたプログラムを開発してきました。グローバル化が重視される今日、多様性及び教授/生徒間のインタラクションを重視した独自の教育アプローチは世界中で高く評価されています。

今日IESEは、世界100国以上に36,000人を超える卒業生と世界5カ国6拠点(バルセロナ、マドリード、ミュンヘン、ニューヨーク、サンパウロ、上海)を要するインターナショナルなビジネススクールとして、世界中のビジネスリーダーに認知されています。

───────────────────────────────────
株式会社アクシアムについて
───────────────────────────────────
1993年9月設立。次世代ビジネスリーダーのキャリア構築を支援するサーチファーム。人材紹介事業、キャリア開発サイトを運営。MBAを始めとする国内外の大学院修了者への転職支援に数多くの実績をもつ。単なる「転職」ではなく戦略的キャリア展望を持った『「展」職』を提唱し、キャリアコンサルティング、セミナーの企画運営などを通じ、日本を担う次世代ビジネスリーダーのキャリアを創出している。


本件に関するお問い合わせ先
───────────────────────────────────
株式会社アクシアム 広報担当:舩津
Tel: 03-3560-8454 E-mail: cr@axiom.co.jp
http://www.axiom.co.jp/

※当ページの情報は、プレスリリース配信各社の責任で提供されるものです。