アクシアム「日本からのMBA留学生数の推移」調査を実施。2年連続の微増から反転。2017年は主に米国で減少へ-人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

twitter 楽天SocialNewsに投稿!
2017-12-14

アクシアム

アクシアム「日本からのMBA留学生数の推移」調査を実施。2年連続の微増から反転。2017年は主に米国で減少へ

次世代ビジネスリーダー/MBAホルダーのキャリアを支援する人材紹介会社の株式会社アクシアム(所在地:東京都港区、代表取締役社長:渡邊 光章)は、「日本からのMBA留学生数の推移」調査を実施し、その結果を公開しました。この調査は1999年より毎年実施しており、日本人MBA留学生を取り巻く環境を、継続的かつ包括的に把握する活動の一環として取り組んでいるものです。

<調査概要>
調査対象: 主要海外大学院・ビジネススクール 52校(※)
※有効回答を得られたもの。引き続き調査・確認中のものを含めない数。
調査方法: (1)主要ビジネススクールへの聞き取り。
(2)アクシアムが有するMBA留学生ネットワークを通じ、各校の在校生、卒業生に調査を依頼。
調査期間: 2017年10月1日~2017年12月10日
----------------------------------------------------------

<調査結果データ>
1999年卒から2019年卒までの調査結果データは、下記弊社ウェブサイトよりご覧ください。
「MBA留学生数の推移」ページ https://www.axiom.co.jp/mba/table
「MBA留学生数の推移」調査結果データ https://www.axiom.co.jp/mba/table/table001
----------------------------------------------------------

<調査結果要約>
微増ながら増加に転じた一昨年、昨年の動きから、今年も増加傾向が継続するかと期待されましたが、今年の留学生数は全体として微減という結果に終わりました。

●本調査に対し、有効回答があった対象校は2年制が42校、1年制が11校。
●総数は2年制の2018年卒が238名、2019年卒が225名。1年制の2018年卒が72名。
●地域別では米国で留学生数の減少が見られたのに対し、欧州やアジアで増加が見られました。
●米国のTOP10のスクールについて、留生の総数は2018年卒が71名(うち私費学生30名)、
2019年卒が59名(うち私費学生24名)。2019年卒生で私費・社費ともに減少が見られました。

今回の調査は全ビジネススクールを網羅するものではありませんが、主要校については2018年、2年制・1年制のスクールを卒業した合計300名以上の新たな海外MBAホルダーが誕生する見込みです。キャリアマーケットにおいて、海外MBA人材を求めるニーズは着実に高まっており、彼らの活躍がますます期待されます。

----------------------------------------------------------
株式会社アクシアムについて
1993年9月設立。次世代ビジネスリーダーのキャリア構築を支援するサーチファーム。人材紹介事業、キャリア開発サイトを運営。MBAを始めとする国内外の大学院修了者への転職支援に数多くの実績をもつ。単なる「転職」ではなく戦略的キャリア展望を持った「展」職を提唱し、キャリアコンサルティング、主催するセミナーなどを通じ、日本を担う次世代ビジネスリーダーのキャリアを創出している。
◆アクシアムサイト https://www.axiom.co.jp/
----------------------------------------------------------
会社概要
会社名 株式会社 アクシアム
住所 東京都港区赤坂1丁目14番5号
設立 1993年9月
代表者 渡邊 光章
事業内容 ●人材紹介事業(厚生労働大臣許可 13-ユ-040523)
- 個人に対するキャリアコンサルティングサービス
- 個人に対する職業紹介サービス
- 法人に対する採用コンサルティング
- 法人に対する人材紹介サービス
●転職・キャリア開発に関する情報の発信
●キャリア開発を支援する各種イベント・セミナーの企画・運営

※当ページの情報は、プレスリリース配信各社の責任で提供されるものです。

最近のリリース