人事部長向け専門誌|日本人材ニュース


広告

データ・用語

か行

  • 解雇予告手当 カイコヨコクテアテ

     解雇予告手当(allowance for dismissal without notice in advance)とは、労働基準法20条によれば、使用者は労働者を解雇するにあたっては少なくとも30日前に予告しなくてはならないが、30日前に予告しない場合は30日分以上の平均賃金を支払えばよいとされており、これを解雇予告手当という。

  • 夏季休暇 カキキュウカ

     夏季休暇とは、一般には、夏季に集中して取る休暇を指す。

  • 可処分所得 カショブンショトク

     可処分所得(disposable income)とは、所得のうち自分で思いのままに支出できる部分をいう。

  • 家族手当 カゾクテアテ

     家族手当とは、扶養家族をもつ労働者に対して、扶養家族に応じて支給される手当のことで、賃金の生活補助給としての性格が強い。

  • カフェテリアプラン カフェテリアプラン

     カフェテリアプランとは、選択型福利厚生制度ともいわれる。

  • 株主代表訴訟 カブヌシダイヒョウソショウ

     株主代表訴訟とは、取締役の経営判断のミスや努力不足によって会社が損失を披った場合、株主が会社に代わって取締役の経営責任を追反できる損害賠償訴訟。

  • カンバン方式 カンバンホウシキ

     カンバン方式とは、トヨタ自動車が創案し、成果をあげている生産管理方式で、材料部品の受け入れを生産中のラインに合わせるジャスト・イン・タイム方式。

  • 管理職 カンリショク

     管理職とは、経営目的達成のため業務執行方針にもとづき担当組織の人事管理、業務管理、組織管理を行なう役職。

  • 管理職組合 カンリショククミアイ

     管理職組合とは、管理職のみで構成する労働組合のこと。

  • 管理職定年制 カンリショクテイネンセイ

     管理職定年制とは、一般に定年制延長にともなって旧定年年齢あるいはある一定年齢で管理職ポストを離脱し、その専門的能力をもって専門職などに異動する制度。

  • 寒冷地手当 カンレイチテアテ

     寒冷地手当とは、気候が特に寒冷な地域に勤務する者に対して、暖房用燃料費などによる生計費の割高分を補助する手当。

  • 企画業務型裁量労働制 キカクギョウムガタサイリョウロウドウセイ

     企画業務型裁量労働制とは、事業運営の重要な決定を行なう企業の中枢部門において、企画立案などの業務にたずさわる労働者が創造性や専門性を十分に発揮できることを目的として平成12年4月から施行された新しい働き方をいう(労働基準法38条の4)。

  • 季節労働者 キセツロウドウシャ

     季節労働者とは、1年のうち一定の期間を限って季節的に働いている者をいう。

  • 基本給 キホンキュウ

     基本給とは、賃金を基本的部分と付加的部分に分けた場合、前者を基本給という。

  • キャリア・カウンセリング キャリア・カウンセリング

     キャリア・カウンセリングとは、性格や適性、能力を客観的に評価し、昇進・昇格、異動、能力開発などに開しての、個人の悩みの相談に応じ、被相読者に自分の適性・能力に気づかせ、自ら問題解決に向かうよう導くこと。

  • キャリア・パス キャリア・パス

     キャリア・パス(careerpass)とは、昇進を含めた配置異動のルートと異動の際の基準・条件のことをいい、キャリア・パターンともいう。

  • 休暇 キュウカ

     休暇(holidays)とは、労働義務のある労働日を労働者の意思表示によって労働義務を免除する日をいう。

  • 休職 キュウショク

     休職(temporary retirement)とは、一定の事由が生じた場合に、使用者が従業員に対して、労働契約関係を維持させながら労務の提供を免除・禁止すること。

  • 求職 キュウショク

     求職とは、自己の労働力を提供して報酬を得るため職業に就こうとすること。

  • 休日 キュウジツ

     休日(holiday)とは、労働者が労働契約上労働する義務を負わない日をいう。

  • 求人倍率 キュウジンバイリツ

     求人倍率とは、求職者数に対する求人数の割合をいう。

  • 求人票 キュウジンヒョウ

     求人票とは、公共職業安定所が求人の申し込みを受理する際に、紹介の基礎資料として、求人者から求人数、労働条件その他の求人条件を聴取して作成する所定のカードをいう。

  • 休息時間 キュウソクジカン

     休息時間とは、労働基準法では休息時間の規定はないが、国家公務員には「おおむね4時間の連続する正規の勤務時間ごとに、15分の休息時間をおかなければならない」との規定がある(人事院規則15-1-8)。

  • 給与所得控除 キュウヨショトクコウジョ

     給与所得控除(deduction for employment income)とは、給与所得にかかる所得税額を計算する際に総所得全額から控除することができる項目のひとつ。

  • QC キューシー

     QC(quality control)とは、品質管理のこと。

  • 業績給 ギョウセキキュウ

     業績給(payment by results)とは、労働者個人または集団の業績や出来高に応じ、労働の量的成果と関連させて支払われる給与のこと。

  • 業績考課 ギョウセキコウカ

     業績考課とは、考課期間中についての職務遂行度を質、量の両面から評価すること。

  • 業績連動型賞与 ギョウセキレンドウガタショウヨ

     業績連動型賞与とは、企業の生産性の向上や企業への貢献度合に応じて支給されるもので、一般的には固定部分と業績反映部分とで構成されている。

  • 継続雇用制度 ケイゾクコヨウセイド

    雇用している高年齢者が希望するときに、当該高年齢者をその定年後も引き続いて雇用する制度。

  • 契約社員 ケイヤクシャイン

     契約社員とは、専門的な知識や技術をもつ人を、契約によって定めた期間だけ採用する制度。

  • KJ法 ケージェーホウ

     KJ法とは、川喜田二郎氏が関発した発想法でイニシャルをとってKJ法と名づけられている。

  • ケース・スタディ ケース・スタディ

     ケース・スタディ(case study)とは、ケース・メソッドの別名で、事例研究のこと。

  • ケース・メソッド ケース・メソッド

     ケース・メソッド(case method)とは、事例研究のこと。

  • 月給制 ゲッキュウセイ

     月給制とは、賃金決定単位形態のひとつで、1カ月いくらと月単位で賃金が決められているもの。

  • 現物給与 ゲンブツキュウヨ

     現物給与(payment in kind)とは、狭義としては、通貨でなく、モノで支払う賃金(給与)のこと。

  • コア人材 コアジンザイ

     コア人材とは、一般的な定義がないため企業によってとらえ方はさまざまだが、企業の事業を中核となって支える人材、将来企業幹部への昇進の可能性を有する人材などが主なとらえ方。

  • 考課者訓練 コウカシャクンレン

     考課者訓練とは、人事考課の公平、信頼性を得るためには、制度自体の検討改善だけでなく考課者自身の評定技術、いわゆるソフト面でのレベルアップと意思統一が必要となる。

  • 個人情報保護 コジンジョウホウホゴ

     個人情報保護とは、人事・労務管理にともなう個人情報の適正な取り扱い(保護)。

  • コンピテンシー コンピテンシー

     コンピテンシー(competency)とは、高業績者に共通してみられる行動特性のこと。

  • コーチング コーチング

     コーチング(coaching)とは、コミュニケーション・スキルの一手法で、相手の能力を引き出し目標達成に結びつけることを目的とする。

  • コーポレートガバナンス コーポレートガバナンス

     コーポレートガバナンス(corporate governance)とは、企業に対する統治または企業の意思決定に対して影響を及ぼす行為もしくはその体制を指す。

広告

ベリタス・コンサルティング

広告

ウィズン・コンサルティング