人事部長向け専門誌|日本人材ニュース


広告

HPOクリエーション

変化を機会に変える、今絶対に必要なオンライン・マネジメント・ワークショップ 「テレワーク時代の新たなチームマネジメント」 7月-11月

開催日 2020-07-27~2020-11-30
開催時間 各回 午後4:00ー6:00
会場 オンライン(ネット環境があればどこからでも参加できます)
対象者 マネージャー、リーダー、経営陣
定員 20名
参加費 参加費: 通常70,000円を人材ニュース社のメンバーの方に\40,000でご提供します。(教材費、フォローアップ・マイクロラーニング、ご自身のアセスメントとレポート費用などを含んでいます。)
内容 変化を機会に変える、今絶対に必要なオンライン・マネジメント・ワークショップ
「テレワーク時代の新たなチームマネジメント」 8月3日-11月

米国の調査の示すコロナ禍の影響は、米国の在宅勤務は昨年の2割から6割まで上昇、また、在宅勤務経験者の9割は、自由度と通勤ストレスからの解放で「テレワークで仕事を続けたい」と感じています。日本でもコロナ禍によって在宅勤務は導入されたが、多くの社員はいかに同僚と協力して仕事を進めるかに不安を感じています。同様に、在宅勤務者を管理する多くの日本のマネージャーは今、いかに部下を活用して業務を推進するかに大きな戸惑いを感じているようです。

テレワークはグローバルで新たな働き方の一つの形態となっていきます。理も^とワーク先進国の欧米で示していることは、テレワーク環境では、リーダー/マネージャーは新たなマネジメント能力が必要ということです。これまでのオフィスで働く環境で普通だったリーダーはテレワーク環境ではその成果はどんどん落ちていきます。

全7回の本オンライン・ワークショップではテレワーク途上国の日本におけるマネージャーやリーダーが知っておくべき「テレワーク時代に不可欠なマネージャーのあり方と行動」について、欧米企業の事例を交えて具体的に学びます。新たなマネジメント能力を習得して、テレワーク環境でも成果を維持強化していきましょう。オンラインですので、ネット環境さえあればどこからでもご参加いただけます。

主な学習内容:
第1単元 テレワーク環境で業績を落とす組織、伸ばす組織
1)テレワーク環境での社員の課題
2)テレワーク社員を持つマネージャーの課題 
3)払拭すべき日本特有の課題(旧体制の日本型マネジメント)
4)テレワークのメリットと欧米の取り組み
5)テレワーク環境でも業績を高める成功要因 

第2単元 チーム成果向上の基盤を創るリーダーのノウハウ
1)テレワーク時代に失墜するチームの要因
2)変化の時代のハイパフォーマンス・チームの基盤
3)協働体制を築く
4)テレワーク環境での協働システム
5)テレワーク時代の管理の要

第3単元 テレワーク環境で不可欠なリーダーのコミュニケーション力
1)テレワーク環境で通じない上司の特徴
2)意思疎通がうまく図れない4タイプの根本原因
3)自身の偏見とコミュニケーションの特徴を把握
4)テレワーク環境でマインドフル・コミュニケーションを実践
5)4種類のメッセージを身に着ける

第4単元 オンライン・ミーティングを活かすリーダーのノウハウ
1)普段通りのミーティングをオンラインで行うと失敗する
2)事前の準備が成功の9割
3)生産性の高いミーティングのしくみ
4)全員を参加させるしかけ
5)確実に結論と次のアクションを明確にする

第5単元 テレワーク環境のメンバー育成
1)メンバーを動機付けるリーダーとがっかりさせるリーダーの特徴
2)人を成長させる3つの要因
3)テレワーク環境でメンバーを伸ばす3種類の目標
4)目標管理を成功させる業務目標の設定方法
5)テレワーク環境での進捗管理とコーチング

第6単元 テレワーク環境で新人の成長を促進する
1)オリエンテーションの成功の要
2)早期育成の要としかけ
3)テレワーク時代のブレンディド・ラーニング
4)ビジネスの基本スキルを習得させる
5)テレワーク環境での成長のリズムを確立

第7単元 チームを支援するリーダーのノウハウ
1)テレワーク環境の落とし穴
2)チームワークを高めるリーダーのアプローチ
3)テレワーク環境でのチームビルディング
4)チームで成果を高める
5)チームの生産性を高める

本ワークショップの特徴:
1)最新の脳科学とポジティブ心理学に基づくマネジメント理論とアプローチを学べます。
2)欧米のテレワーク・マネジメントの先進事例と手法を学べます。
3)様々な演習でテレワーク環境で重要な重要なマネジメント・スキルが習得できます。
4)各単元の後に振り返りとフォローアップのマイクロラーニングがあり学びが定着します。
5)アクションラーニングで現場で学習の成果を体感できます。
6)アセスメントでご自身の強みと課題、今後の強化策を把握できます。
6)欧米企業での豊富なテレワーク/リモートワークの体験を持つ者が講師。
7)オンラインですので、ネット環境さえあればどこからでもご参加いただけます。ライブでご参加できなかった場合は録画で後から学習できます。

プログラム日程:
8月3日: プログラムの紹介
8月7日: 第1単元とフォローアップ
8月21日: 第2単元とフォローアップ
9月4日: 第3単元とフォローアップ
9月18日: 第4単元とフォローアップ
10月2日: 第5単元とフォローアップ
10月16日: 第6単元とフォローアップ
10月30日: 第7単元とフォローアップ

備考 講師:松井義治

経営(人材・組織開発)コンサルタント、エグゼクティブ・コーチ。HPOクリエーション代表取締役。一般社団法人 日本人事・組織開発協会代表理事。テンプル大学でリーダーシップの基礎、変革リーダーシップ、戦略的人事マネジメントを教鞭。大学卒業後、日本ヴイックス(株)やP&Gのマーケティング本部で医薬品や健康食品、消費財の戦略策定、商品開発など企画宣伝・プロモーション開発から市場導入までのトータル・マーケティングを牽引。キャリア後半は人事統括部で教育・採用担当シニアマネージャー、P&G台湾人事部長、北東アジア採用・教育・組織開発部長等を歴任し、「P&G大学」の開発、エンゲージメント強化、様々な事業部の変革と業績向上などに貢献。ペッパーダイン大学教育学博士(組織変革)、ノースウエスト・ミズーリ大学経営学MBA。北九州大学外国語学部卒。
※当ページの情報は、セミナー主催各社の責任で提供されるものです。

広告

経営人事パートナーズ

広告

ウィズン・コンサルティング