人事部長向け専門誌|日本人材ニュース


広告

インフォテクノスコンサルティング

11月5日(木)<Rosicオンラインセミナー>HR DX時代の人材データ管理の在り方とは? 業務アプリケーション開発基盤を備えた「Rosic人材統合データプラットフォーム」のご紹介

開催日 2020-11-05
開催時間 11:00~11:45
会場 Zoomウェビナーを利用したセミナーとなります。
対象者 人事の役割を「企業戦略のパートナー」「現場マネジメント支援」 に転換されたい、とお考えの皆様
定員 定員になり次第、受付を終了致します。お早目にお申込ください。(事前登録制)
参加費 無料
内容 経営・事業における人的資源の重要性は高まっており、人材データを"クローズドな情報"から、"必要な人が必要なときに活用できる情報"へと変えていくことが求められています。

給与、勤怠、タレントマネジメント、プロジェクト管理、ID統合管理など、人材データを必要とする複数のシステムを運用している企業では、管理する人材の範囲や管理項目が異なるそれらのシステムに、正確かつタイムリーに人材データを提供する必要があります。

また、HR DXを進めていくうえで人材データのデジタル化、一元化は必要なステップですが、複数のシステムに重要なデータが散在しているという課題もあります。人材データを必要とするシステムにはスムーズにデータを提供し、かつ、それらのシステムで発生する重要なデータは集めて一元化する、"人材データを統合管理するシステム"を持つことが必須となってきています。

しかし、そもそも人材データはその扱いに特有の難しさがあり、多くの企業が管理統合に苦労をする分野でした。それに加えて、扱う情報の幅が広がり、HR DXという新しい世界に踏み込んでいく今、自社の人材データを確実に統合し、活用していくハードルは低くありません。

Rosicは人材マネジメントシステムの企画・開発で培ってきた経験、ノウハウを活かし、企業の重要な人材データを統合管理する「Rosic人材統合データプラットフォーム」をリリース致しました。

「Rosic人材統合データプラットフォーム」は、人材データ管理、組織データ管理、外部システム連携機能を標準で備え、かつパッケージではカバーできない業務アプリケーションを構築する基盤を持った製品です。重要な人材データの一元化、および各種システムへの人材データ提供はもちろん、現在システム外で行われている業務や情報管理のスムーズなシステム化も短期間で実現します。

<<こんな悩みを持つ情報システム部門・人事部門の方にお勧めです>>
✓ 複数システムに分散管理されている人的資源データを一元管理し、
  HR DX推進のインフラとしたい

✓ 人材データを複数システムに渡す必要があるが、
  データ連携がスムーズにできていない

✓ 既存人事システムは社員情報の管理のみで、
  ID発行が必要な全人材データを管理できていない

✓ 人材データを統合管理するしくみはあるが、老朽化しており、
  入れ替えを検討している

✓ 人材データを管理するしくみがパッケージのため、
  必要な機能を自由に追加できない

是非ご参加ください。

<<セミナー内容>>
■ 人材情報管理に悩むお客様の声
■ 人材情報を統合管理するシステムが必要とされる背景
■ Rosicが提案する「人材統合データプラットフォーム」とは
■ なぜツールが有効なのか?
  -スクラッチ開発でつまずく3つのポイント
■ 「人材統合データプラットフォーム」の活用パターン例
■ 「Rosic人材統合データプラットフォーム」の主な機能
備考 ※Zoomウェビナーを利用したセミナーとなります。
・本セミナーは録画配信となります。
・お申込み完了後、セミナー視聴URLをお知らせいたします。
・定員になり次第、受付終了となります。お早目にお申込みください。

※今回のセミナーはシステムユーザー企業の「事業部の企画・人事・戦略・管理部門」「経営企画部門」「人事部門」「情報システム部門」を対象にしております。
同業他社からのお申し込みはお断りしておりますので、ご了承ください。

【主催】インフォテクノスコンサルティング株式会社/株式会社T4C
※当ページの情報は、セミナー主催各社の責任で提供されるものです。

広告

グロービス

広告

ウィズン・コンサルティング