人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

HPOクリエーション

[11月7日]エンゲージメント経営で生産性向上を実現する「勝てる組織の創り方」日経ビジネス主催

開催日 2019-11-07
開催時間 13:00 - 17:00
会場 お茶の水ソラシティカンファレンスセンター
対象者 人事マネージャー、リーダー、経営幹部
定員 100
参加費 49500
内容 経営計画を実現させるための戦略的人事マネジメントが、かつてなく重要視されています。経営環境が日々変化し、日本の労働生産性低下が叫ばれるなかで昨今、社員一人ひとりがやる気に溢れ、お互いが協力し合うことにより、高い価値を創造し続け、自らが主体的に最高にパフォーマンスを発揮できる働ける組織をつくり出すことが求められています。

 経営者、経営幹部は、経営理念・戦略を人材育成に反映させ、生産性の高い従業員に育てるにために、どのような手を打てばそれが実現するのか? 働き甲斐のある組織とはどのようなものか?

 ともすれば、人事部門は採用、評価、処遇の業務を行う管理部門であり、人をどう“管理”するかということに主眼がおかれています。しかしそれで組織成長を実現できるでしょうか?

 このセミナーでは、IBM、AT&Tなどで社内教育や業績改善のコンサルタントとして従事し、企業風土改革を実現してきたボブパイク氏と共に、HPOクリエーション代表、松井義治氏、UMU株式会社代表、リー氏が登壇し、昨今の厳しい経済状況において、組織の方向性を合わせ、生産性を高めるための基本原則と数々の手法やツールを直接お伝えします。

 さらに、経営に貢献する戦略的人事部門となるために必要な人事組織改革の実現施策について、事例をまじえ解説します。
備考 本セミナーは、3人の人材と組織業績の強化の達人によるものです。講師陣は以下の通りです。

1)ボブ・パイク氏は、「人材開発」の第一人者として、アメリカの人材開発に関する世界的組織 Association for Talent Developmentでは、ケン・ブランチャー氏らと並んでレジェンドと称えられるスピーカーの一人です。

2)松井義治氏は、組織変革とグローバルリーダーシップ開発の一人者で、前職P&G時代より、北東アジア地区の組織開発とタレント開発の長、として数々の変革を成功させ、その後も数々の組織変革とリーダー開発を達成しています。

3)ドングショー・リー氏は、UMUの代表であり、開発創業者です。元Googleのトップトレーナーであるリー氏が開発したUMUは、人材育成において多くの経営者の心を捉え、着実な人材パフォーマンス向上を実現しています。
※当ページの情報は、セミナー主催各社の責任で提供されるものです。

広告

会員登録

人事向け限定情報を配信中