人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

ボディチューン・パートナーズ

【3月11日(月)】生産性を上げる!イノベーション力を高める!「呼吸」を学ぶ研修プログラム 体験

開催日 2019-03-11
開催時間 18:30 ~ 20:00(受付18:15~)
会場 渋谷ヒカリエ カンファレンスルーム
対象者 人事・経営企画担当者
定員 15名 *当社の競合にあたる企業の方からのお申し込みはご遠慮いただきます。
参加費 無料
内容 「イノベーションが生まれる組織づくりがしたい」
「トップからではなく、現場からイノベーションのアイデアが出る風土をつくりたい」
そんな風にお考えの皆様。

創造性の発揮には、日常的にハイパフォーマンスを出すときに使う「パフォーマンスモード」とは別の、
「もう1つのパフォーマンスモード」を機能させる必要があるということをご存知ですか?
それが「アローモード(allow mode)」です。

ここでいうモードとは、社員一人一人の自律神経システムの波形パターンのこと。
元々われわれ人間は「生き物として」、2つのパフォーマンスモードを
バランスよくスイッチしながら生きていくようにデザインされています。

本セミナーでは、これらの2つのパフォーマンスモードを体験しながら理解し、
「アローモード(allow mode)」を目覚めさせるための「呼吸」を学ぶ、
体験型のワークショップです。

--------------------------------------------------------------------------

*安定的にパフォーマンスが高く
*創造性があり
*心身共に健康で
*優れたリーダーシップとポジティブな影響力を持つ

そんな方は、間違いなく「アローモード(allow mode)」を使っていることが分かってきました。
イチロー選手やスティーブ・ジョブスも、多くの人が使えていない
「アローモード(allow mode)」を意図的に創るトレーニングをしていました。

ご存知「マインドフルネス」も、本質的にはアローモードを機能させるための1つのアプローチといえるでしょう。
しかしながら、現代の働き方・労働環境は、「アローモード(allow mode)」が発揮できる
デザインとはいいがたく、むしろ妨げるばかりのため、意欲の燃え尽きや離職にも繋がっています。

イノベーションを生む組織、常にハイパフォーマンスを維持するチーム作りには、
その思考法やフレームワークの知識を蓄積するだけでなく、
パフォーマンスを生み出す「体・脳・心」の状態に目を向けることが大切なのです。

2つのパフォーマンスモードが仕事の成果に及ぼす影響を理解し、
「アローモード(allow mode)」のスイッチとなる「呼吸」を
実践的に学ぶ、研修プログラム。

講師には、健康経営アドバイザーを務める小笠原和葉氏が登壇、
ボディーワーカーとしての豊富な臨床経験をもとに、わかりやすく解説します。

セミナー後半には、健康経営、働き方改革を成功に導くリーダーシップについての
ミニセミナーを実施します。



備考 講師:小笠原 和葉(オガサワラ カズハ)
 株式会社大きな木 代表取締役
 カリフォルニア州認定マッサージプラクティショナー
 ソマティック・エクスペリエンス(Somatic Experiencing®)上級プラクティショナー
 宇宙物理学修士

 佐藤 美咲(サトウミサキ)
 株式会社ボディチューン・パートナーズ
 健康経営コンサルタント 
 研修講師
※当ページの情報は、セミナー・イベント主催各社の責任で提供されるものです。