人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

概念化能力開発研究所

人材アセスメント新卒採用 デモンストレーションセミナー

開催日 2018-10-15
開催時間 12:30 ~ 16:30
会場 ホテルローズガーデン新宿 (東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅前)
対象者 経営者   人事責任者及び採用関係者
定員 20名
参加費 30,000円(税別)
内容 このセミナーは、自社の新卒採用の現状に問題意識を持つ経営者と採用関係者に、「人を正しく見極める採用」のノウハウを提供するものです。


◆ わが国では「応募者の内面と向き合わない採用」が当たり前になっています ◆


中小企業の経営者の多くが、やっとの思いで採用した新入社員の早期離職や問題行動にとても傷ついています。

心ある大企業の採用関係者は、作業はこなせても「自立した仕事人」にはなれない社員が社内に蔓延し始めていることに、薄々気づき始めています。


採用時に、しっかり応募者の内面に向き合わなかったことのツケが今、回ってきているのです。

人を採用する時に、「応募者の仕事力や人間性を見極めなくては!」と考えない経営者や採用関係者はいないでしょう。しかしながら、その方法がわからないから、「人を見極めること」を諦めた結果、相対的に「人を集めること」への注力ばかりが高まるのだと思います。


◆ 短時間でその人の本質を見極める方法など・・あるのでしょうか? ◆


アセスメントセンター(以下アセスメントと称する)という、米国発の行動分析の手法があります。先進諸国ではそこそこ普及していますが、わが国での知名度はまだまだです。私たちは、このメソッドの研究と運用に特化したコンサルティング会社です。

アセスメントは、「過去から今に至るまで常態化した行動特性を、特殊な仕組みを用いて加速度的に凝縮し、短時間で観察・分析する」という機能を持っているので、これを採用選考に使えば、応募者の入社後(の行動特性)を予測することができます。

経営者や採用関係者の皆さんが渇望されている「人を見極める方法」が、ここにあります。


◆ 「採用アセスメント」を、ひとりでも多くの人に知っていただくために ◆


私たちは、クライアント企業の新卒採用を、この「アセスメント」を使って支援しています。私たちプロアセッサーが出向いてアセスメントを実施するに留まらず、「アセスメント」のノウハウを販売し、採用アセスメントを独自運営できるように社内アセッサー(観察者)を養成する「内製化」を支援しています。

「アセスメント採用」に触れ、「人を見極める科学的かつ合理的な手法」を得た企業は、他社が一喜一憂する部分には目もくれず、ピントが外れた様々な試行錯誤にもがく他社を尻目に、着々と「人を観る目」という自社のナレッジを強化しています。

一方、わが国で同様の取り組みをビジネスモデルとしているアセスメント会社はあまり無いと思われるので、この強大なベネフィットを手にしている企業は、まだ、ほんの僅かに過ぎません。


私たちは、1社でも多くの企業に、「人と向き合う採用」に舵を切って欲しいと願っています。そのためには1人でも多くの方に「アセスメント」を知っていただかなくてはいけないのですが、ほとんどの方にとって「アセスメント」は未知の世界です。言葉や文章でいくら説明しても、なかなか理解してもらえません。アセスメントには常に厳格な守秘義務が伴うので、他社で実施されているところを見学するわけにもいきません。

「ならばセミナーで本物を見せよう」という発想からこの「デモンストレーションセミナー」が生まれました。年に1~2回の頻度で随時開催しており、今ではすっかり当社の名物セミナーとなっています。現役大学生を集め(アルバイトで募ります)、彼ら彼女たちをいつもと同じようにプロのアセッサー(観察者)がアセスメントする様子をそのまま再現いたします。  


◆ ベネフィット ◆


採用ミスの連続に悩む経営者の皆さん・・・ 

自社の採用を変えたい「悩める人事責任者や採用担当者」の皆さん・・・
     

▶「心の状態や価値観」と「行動」との因果関係を理解することで、間違いなく「人の悩み」は軽減されます。 

▶ 人の行動をぼおっと見ていてもその人を理解することはできません。正しく「視点を絞る」ことでその人の本質が見えてきます。

▶ アセスメントを学ぶと、面接官の「直観」「価値観」に頼る採用と決別でき、社内に「共通概念」「共通言語」が生まれます。



おひとりでも多くの「人に悩む方」のご参加を心よりお待ちしております。

備考
※当ページの情報は、セミナー・イベント主催各社の責任で提供されるものです。