人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

サイコム・ブレインズ

【6/27(木)無料セミナー】多国籍な環境で働く/海外拠点で働く日本人のための「異文化理解&適応トレーニング」体験会 ~国ごとに異なる文化や価値観の違いを学ぶ~

開催日 2019-06-27
開催時間 14:00 - 17:00
会場 CICOM BRAINSラーニング・センター(東京・秋葉原ダイビル)
対象者 人事・人材開発、海外部門の方
定員 10名
参加費 無料
内容 ● 文化・価値観が違う人との間に起こりうるトラブルを回避する/柔軟に解決し良好な関係を築く方法とは?

■ 次のような課題の解決に適した、効果的な研修プログラムを体験できるイベントです。

・日本国内の事業所で採用した外国人社員が定着せず、離職率が高い。日本人社員との間に溝が出来ている。

・海外に赴任している日本人社員が、現地スタッフや取引先と円滑なコミュニケーションがとれず、ストレスを抱えている。その影響で本来の能力を発揮できていない。

・日本本社(海外事業部など)と海外拠点のコミュニケーションがうまくいかず、共同プロジェクトの進捗が滞りがちである。

・顧客に外国人の方が増え、文化や価値観の違いからコミュニケーションがうまくいかないことがあり、対応に時間がかかっている。

「異文化理解&適応トレーニング」は、文化的な価値観の違いを理解するための理論(ホフステードの6次元モデル)をベースとして開発されたプログラムです。アセスメントツール「Culture Compass」や、リアルな状況設定を題材にしたケーススタディやロールプレイにより、受講者が異文化環境におかれたときの課題を客観的に把握し、どのように対応していけばよいかを具体的に学ぶことができます。この機会に是非ご参加ください。

■ こんな方にお勧めです ※
□ 人事・人材開発部門の方
□ 海外事業部門の方
□ 海外赴任の可能性のある方
□ 仕事で外国人と接することの多い方
※申し訳ございませんが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮願います。

★ 参加特典
異文化適応トレーニングで使用するオンラインアセスメントツール、「Culture Compass」のトライアル受診をご案内します。

■ セミナーの内容
・イントロダクション
- サイコム・ブレインズのご紹介
- 異文化理解&適応トレーニングのねらいと特徴
- 講師紹介

・異文化理解&適応トレーニング:プログラム体験
- 異文化を理解するフレームワーク「ホフステードの6次元モデル」
- 異文化アセスメント「Culture Compass」とは
- エクササイズ&ロールプレイ&事例紹介

・質疑・応答

■講師
福永 美保氏
サイコム・ブレインズ株式会社 アソシエイト/アシスタントエキスパート(異文化領域担当)

上智大学ドイツ文学部卒業後、JETROにて国際交流事業を担当し、文化がコミュニケーションに与える影響の大きさを目の当たりにする。長期的な真の国際交流やビジネスには相互の異文化理解が不可欠と考え、米国に留学し異文化関係学分野にて修士号を取得。帰国後、外資系異文化コンサルティング会社の立ち上げに携わったのちビジネスコーチング会社勤務、総合病院の職員の人材育成と国際化担当を経て当社へ入社。現在は異文化マネジメント、ビジネス英語トレーニング、ダイバーシティ推進プログラム、管理職研修等の分野のプログラムの企画や異文化研修のコンテンツ開発等に携わっている。
備考 【会場】
 CICOM BRAINSラーニング・センター
 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7F

【申込締切】
 2019年6月24日(月)

【提供会社】
 サイコム・ブレインズ株式会社
 〒101-0021東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル7F
 TEL:03-5294-5577(代)
 Web:https://www.cicombrains.com/
※当ページの情報は、セミナー主催各社の責任で提供されるものです。

広告

会員登録

人事向け限定情報を配信中