人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

インフォテクノスコンサルティング

【10月25日(金)東京開催】そのタレントマネジメントシステムの選び方で大丈夫? ~ユーザーの活用事例から見る様々な要件とその実現方法~

開催日 2019-10-25
開催時間 15:30~17:30(受付15:00)
会場 インフォテクノスコンサルティング株式会社(新宿区四谷)セミナールーム
対象者 人事の役割を「企業戦略のパートナー」「現場マネジメント支援」 に転換されたい、とお考えの皆様
定員 定員になり次第、受付を終了致します。お早目にお申込ください。
参加費 無料
内容 【本セミナーはこのような課題をお持ちの方にお勧めです】

◇人材マネジメントシステムの導入を検討している
◇人材マネジメントのサービスやシステムがたくさんあって違いがわからない
◇どのシステムを導入すれば良いかわからない/システム選定のポイントを知りたい
◇人材マネジメントシステム(サービス)を導入したが思ったように効果が出ていない


サービス型(SaaS)の人材マネジメントシステムを導入するユーザーが増えています。機能も充実し、カタログレベルでは問題もないように見えますし、そこで成果を上げている企業も出ています。

しかし同時に、「結局やりたいことができず、活用できていない」という話を少なからず耳にすることも、まぎれもない事実です。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

企業の規模、風土、業務形態、既存システムなどの各企業のバックグラウンドがシステムへの様々な要件を生み出します。しかし、導入前はこの自社固有の要件に気づきにくく、目先の機能やコストに注目して自社にマッチしないシステムを選択してしまうことがあります。

本セミナーでは、事業会社で人事業務を経験し、様々なユーザにRosicを導入してきたコンサルタントが以下のようなシーンを例に人材マネジメントシステムの導入で発生する要件や注意すべき点についてお話します。

 ●人事情報の収集・登録
 ●データ連携
 ●データの参照・出力
 ●人事情報の参照権限
 ●評価方法
 ●評価調整

そしてそれらの要件を「Rosic人材マネジメントシステム」でどのように実現してきたか具体的な機能や事例で説明します。

また、単に「人事情報管理」「配置検討」「評価」「研修管理」ができるだけでは、人材マネジメントとして十分とは言えません。最終的にはビジネスと人材を結びつけられるシステムであるべきと考えます。

Rosic人材マネジメントシステムをうまく活用頂いているお客様の事例を交えて、本当にビジネスに貢献できる人材マネジメントシステムは何かについてお話させて頂きます。

【セミナー内容】
◆サービス型の人材マネジメントシステムの限界
◆Rosic人材マネジメントシステムの特徴
◆Rosic人材マネジメントシステムで実現してきた様々な要件
◆人材マネジメントシステムのビジネスでの活用
備考 今回のセミナーはシステムユーザー企業の「事業部の企画・人事・戦略・管理部門」「経営企画部門」「人事部門」「情報システム部門」を対象にしております。
同業他社からのお申し込みはお断りしておりますので、ご了承ください。

主催:インフォテクノスコンサルティング株式会社/株式会社T4C
※当ページの情報は、セミナー主催各社の責任で提供されるものです。

広告

会員登録

人事向け限定情報を配信中