喫煙時間を労働時間から除くことはできるか~喫煙者の不採用、就業規則の改定-人事部長向け専門誌|日本人材ニュース


広告

2010-03-25

喫煙時間を労働時間から除くことはできるか~喫煙者の不採用、就業規則の改定

喫煙時間を労働時間から除くことはできるか~喫煙者の不採用、就業規則の改定

(読者からの質問)当社は従業員約100人のIT企業です。社外に常駐している従業員(開発者)が多く、事務所では営業と総務担当の約20名が働いています。事務所内に喫煙スペースを確保していますが、喫煙者は約半数(10名)です。喫煙者は1時間に1度のペースで喫煙をしている状況です。先日、社長から、喫煙時間を労働時間から除くように指示を受けました。また今後は喫煙者を採用しないこと、および、喫煙スペースを撤去して労働時間中の喫煙を認めない方針を出すと話しています。従業員への通知、就業規則の改定等、どのような点に注意をしなければならないでしょうか。・・・ 続きはこちら


続きをご覧いただくには「会員専用のパスワード」が必要です。


広告

会員登録

広告

経営人事パートナーズ

広告

ウィズン・コンサルティング