最新DXリテラシーを育成し、DXレベルを認定する「DXリテラシー育成・認定パック」最新版、発売-人事部長向け専門誌|日本人材ニュース


広告

twitter 楽天SocialNewsに投稿!
2021-02-05

ネクストエデュケーションシンク

最新DXリテラシーを育成し、DXレベルを認定する「DXリテラシー育成・認定パック」最新版、発売

株式会社ネクストエデュケーションシンクは、8割を超える企業が課題とする※1「DX人材不足」を解消するための第一歩として、全社員を対象に、3カ月でDXリテラシーを学び、2021年7月の検定によりDXレベル認定まで取得できる「DXリテラシー育成・認定パック」を2021年3月1日より販売開始いたします。
※1日本能率協会「『日本企業の経営課題2020』 調査結果 【第2弾】 DX(デジタル・トランスフォーメーション)の取り組み状況」(2020/09/24)発表による

企業のDX認定制度や、デジタル庁の創設など、AIやDX(デジタル・トランスフォーメーション)の重要性はますます高まっています。
DXは、IT×ビジネスイノベーションによるデジタル変革のことであり、今後の企業成長を考えたとき、経営者や該当の部門はもちろん、全ての社員に「DX」に対して意識付けを始め、DXリテラシー、ビジネス創造力、企画力を底上げすることで、時代の危機感を全社に広めていきたい、といったニーズが増えています。

しかし、8割を超える企業が、DX推進に対する課題として「DX人材不足」を挙げています。※1また、DXをリードする組織も、DXの取り組みに巻き込まれる側も、デジタルを活用して何が出来るか、そのアウトラインすら理解できていないと、ビジネスを知る事業部門と、デジタルに詳しいIT部門やDXの専門担当との間で、温度差が生じ、スムーズな推進の障壁となる場合があります。

このような状況下、入社前からすべての企業で必須となった「DX」に対して意識付けを始めることはもちろん、若手から「DXリテラシー、ビジネス創造力、企画力」を底上げをすることで、時代の危機感を全社に広めていきたい、といった多くの企業からのニーズも高まっています。

そこで、「DXリテラシー・育成・認定パック(DX検定+DX Study eラーニング2021)」は、2021年7月実施の第7回「DX検定(TM)」でのDXリテラシーレベル認定(DXプロフェッショナル/DXエキスパート)という企業ごとの明確な到達目標を持たせて、DXリテラシーを短期で育成・認定しようとする最新のeラーニング研修+研修パックです。

対象は、すべてのIT関連企業、ユーザー企業の情報システム事業、DXビジネス推進企業等、新入社員、内定者、営業社員、若手社員、中堅社員、管理職の方々などを想定しています。

「DX検定(TM)(正式名称:日本イノベーション融合学会*ITBT(R)検定)」は、デジタル・トランスフォーメーション(DX)時代の社会の発展・ビジネス全般に必要な、デジタル技術によるビジネスへの利活用を進めるために、日々爆発的に増加する新世界のテクノロジー用語のうち、新しい社会をリードするDX人財として理解すべき先端IT技術トレンドと、DXビジネストレンドの用語知識を幅広く問う検定です。

IT分野のビジネスには、AI 、 IoT 、ロボット、 RPA、クラウド、5G、セキュリティ等が必要とされる社内や顧客の様々なニーズを把握し、企画や提案ができるまでの最新のIT知識・キーワードとビジネストレンド全体観、スピード感あるビジネス展開が不可欠ですが、本検定では、その知識の有無を可視化し、また受験をきっかけに学ぶことによって、これからのAI、デジタル・トランスフォーメーションの時代に先見性をもって生き抜くことができるIT人財、営業人財、ビジネス創造人財を目指すことができます。

その検定準拠のeラーニング教材である「DX Study(TM)eラーニング2021」は、 IT先端技術トレンド<6カテゴリー>と、DXビジネストレンド<6カテゴリー>の両分野から厳選した最新の必須用語を学習のための「eラーニング」です。

また「DX検定(TM)」は、企業で社員の目標となるDXレベルを認定することが可能です。認定証も発行されます。(認定の有効期限は、結果発表より2年間)
 ・スコア800以上 ⇒ 「DXプロフェッショナル レベル」
 ・スコア700以上 ⇒ 「DXエキスパート レベル」
 ・スコア600以上 ⇒ 「DXスタンダード レベル」

これにより、学習⇒効果測定までを一気通貫に行うことができます。

■ eラーニング教材+DX検定(TM) パックの進め方イメージ
eラーニングの学習後に、DX検定をセットし、研修効果測定ができる特別パックです。
<スケジュールイメージ>

「DX Study(TM) eラーニング 2021」 で学習
<(例)2021年4月上旬~7月上旬など>
 + 
DX検定(TM) <第7回2021年7月>受検
※50名様以上の団体受験の場合、別途企業向けの検定実施日も
設定可能ですのでご相談ください。

標準価格 15,800円(税抜)/17,380円(税込)のところ
セットパック特別価格: 15,000円(税抜)/16,500円(税込)にてご提供

■『DXリテラシー育成・認定パック』ページ
 ⇒ https://www.nextet.net/product/itbtpack
 
■「DX Study(TM) eラーニング2021」 教材ページ】
⇒ https://www.nextet.net/product/itbt

■2021年7月に第7回の検定が実施される「DX検定(TM))」の公式サイトはこちら
 ⇒ https://www.nextet.net/kentei/test/index.html
                        
▽株式会社ネクストエデュケーションシンク
http://www.nextet.net/
▽株式会社ネクストエデュケーションシンク Facebookページ
http://www.facebook.com/nexteducationthink

■ 本リリースに関するお問い合わせ
東京都文京区本郷5-1-16 VORT本郷3F
株式会社ネクストエデュケーションシンク マーケティング部 齋藤(加那)  
TEL : 03-5842-5148  FAX:03-5842-5147 e-mail: info@nextet.net

※当ページの情報は、プレスリリース配信各社の責任で提供されるものです。