【ヒューマンリソシア】RPAソリューションを活用し 北海道内企業の業務自動化・省力化支援を本格開始-人材採用と人材育成の人事専門誌-日本人材ニュース


広告

twitter 楽天SocialNewsに投稿!
2018-11-15

ヒューマンリソシア

【ヒューマンリソシア】RPAソリューションを活用し 北海道内企業の業務自動化・省力化支援を本格開始

~札幌にてRPAトレーニング講座の提供を開始 RPAの導入から活用までトータルでサポート~

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で人材サービス事業を運営するヒューマンリソシア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:御旅屋 貢)は、北海道にて、RPAソリューションを活用した業務の自動化・省力化支援サービスの提供を本格開始します。
2018年11月中旬より、札幌にて顧客企業の担当者向けRPAトレーニング講座を定期開講するほか、当社札幌支社内にRPAエンジニアを配置、RPAの導入から活用までをトータルで支援します。

※RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、ソフトウエア型ロボットによる業務自動化の取り組みのこと。「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われ、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担います。

■背景
 少子高齢化の進行や、都市圏への労働者の流出などにより、地方エリアや中小企業の多くは、人材採用に課題を抱えています。人手不足がますます深刻化する中、これまで「人」が担当していた定型的な事務業務を自動化できる「RPAソリューション」が注目され、先行してRPA導入を進めた都市部の大手企業から、次第に地方や中小企業へと活用が広がっています。

 北海道でも、2018年9月の有効求人倍率は104カ月連続で前年同月比を上回る1.22倍となり(注1)、全国平均よりは低いものの、人手不足が恒常化しています。特に札幌には、大量の定型事務作業を抱える事務処理センターやコールセンターが集結しています。人材確保が難しい中、「人」への依存を減らし、事務業務の生産性を向上させることがさらに求められています。
注1) 厚生労働省北海道労働局 職業安定部職業安定課「平成30年9月の雇用失業情勢について」 より
 
 RPAの特徴の一つは、ユーザー企業自らが業務を自動化できることで、対象業務の選定から業務自動化の設定までを自社で実行することが可能です。そのため、ユーザー企業からのRPA教育ニーズは高く、当社が2017年11月に東京からスタートし、現在全国7カ所にて実施しているRPAトレーニング講座の受講者は、開始から約1年間で500社以上、約2,500名に上ります。

■概要
このような背景を受け、このたび札幌にて企業担当者向けRPAトレーニング講座を定期開講し、北海道でのRPAサービスの提供を本格的に開始いたします。RPA担当者への教育が不十分なため本格導入までたどり着けないといった初期段階の課題を解消するため、当社のRPAトレーニング講座では、実務担当者へのRPA教育を行い、RPA活用を支援します。ソフトの販売にとどまらず、本格導入から活用までをトータルで支援するのが特徴です。

今回札幌でのRPAトレーニング講座の開始により、北海道内企業のRPA活用を、より強力にサポートすることが可能となります。さらに、当社札幌支社内にRPAエンジニアを配置し、RPA導入時のサポートやシナリオ作成サポートなどにも対応。サポート体制を万全にし安心してRPAを導入できる環境を提供することで、北海道内企業の業務自動化および生産性向上に寄与してまいります。

参考)ヒューマンリソシアのRPAを活用した自動化・省力化サービス 概要
NTTデータの提供するRPAソリューション「WinActor」の導入からユーザー教育、運用・定着まで、RPAを活用した業務自動化による生産性向上を支援しています。全国7カ所に設置している「RPAトレーニングセンター」での研修やシナリオ作成サポートに加え、RPA人材を育成して派遣することで、顧客企業のRPA活用を支援します。
URL: https://resocia.jp/corporate/solution/rpa/


<本件に関するお問い合わせ>  
ヒューマンリソシア株式会社 広報担当:吉田 まで
TEL:03-6894-3317  FAX:03-6846-1135
<リリースに関するお問い合わせ>  
ヒューマングループ 広報担当:外川 まで
TEL:03-6846-8002  FAX:03-6846-1220  
E-MAIL: kouhou@athuman.com

※当ページの情報は、プレスリリース配信各社の責任で提供されるものです。