ライフワークス、法政大学大学院 石山恒貴研究室と、大企業シニア人材の活躍に関する共同調査結果発表-人事部長向け専門誌|日本人材ニュース


広告

twitter 楽天SocialNewsに投稿!
2020-08-27

ライフワークス

ライフワークス、法政大学大学院 石山恒貴研究室と、大企業シニア人材の活躍に関する共同調査結果発表

■概要
大企業で働くシニア社員とその上司をペアとした複数インタビューについて分析調査をし、
再雇用者の活性化や、効果的なマネジメントの実施に役立つ要素を見出しました。

▼プレスリリースの詳細は以下をご覧ください。
プレスリリース内のリンクから、調査結果全文をダウンロードできます。
https://www.lifeworks.co.jp/news/2020_08_271000.html

■調査結果の概要
・調査結果1
再雇用者が役割創造に至るプロセス
再雇用者が活躍に至るまでに4つの段階があります。そのうちの第三段階では「コミュニケーションの量・質の調整」と、立場にあわせた「仕事量の調整」「人間関係における調整」を行います。これは周囲との調和を図るための戦略であり、職場での再雇用後の活躍にあたっては、新たな居場所を作るこのプロセスが非常に重要であることが発見できました。

・調査結果2
活躍を引き出すのに有効な、再雇用者に対する上司の行動とスタンス
再雇用者の活躍は本人の努力次第だけではなく、上司の関わりが大きく影響します。パフォーマンスを上げている再雇用者の上司には共通する3つの行動と4つのスタンスがあることが、本調査で確認できました。

※当ページの情報は、プレスリリース配信各社の責任で提供されるものです。

最近のリリース

広告

経営人事パートナーズ

広告

ウィズン・コンサルティング